わかりやすい!シーズヒーター比較サイト6選

トップ > シーズヒーターについて > シーズヒーターのメリットや特徴とは

シーズヒーターのメリットや特徴とは

現在ではありとあらゆる暖房器具がありますが、その中の一つにシーズヒーターがあります。
シーズヒーターは、ヒーターの外側のパイプであるシーズと呼ばれる鞘を被ったヒーターのことを意味しています。
安全性が高いのも特徴であり、使う場所を限定しないように開発されているというのも大きなメリットで、シーズヒーターの需要が高い理由となっています。
シーズが無い、発熱線が剥き出しのヒーターの場合には、当然のことではありますが発熱線に触れると感電してしまうので、使用する場所が限定されてしまいます。
しかしシーズヒーターなら感電しないので、様々な場で使うことができ、発熱線がむき出しでは危険ということから使用することが難しいとされているような場所でも、気軽に使うことができるようにできています。


パイプに触れても感電しないようになっていますが、気をつけなくてはならないのが温度です。
使用すればかなり高温になるので、触ると火傷してしまうので決して触らないように気をつけなくてはなりません。
シーズヒーターはカーボンヒーターと同じように、スポット的な暖房として、 遠赤外線放射量がカーボンヒーターより高くなっているのも特徴であり、発熱体が破損しにくいなどの機能がカーボンヒーターよりも上回っています。
優れている分、機器の値段としてはカーボンヒーターよりは高めになります。
金属管にコーティングしているものが何かという違いによって、各社それぞれ独自に商品名を付けていますが、いざ購入するとなればそれぞれの特徴をよく比較し、より使い勝手が良いものを選ぶようにしなくてはなりません。


シーズヒーター本体の価格やサイズの違いは比較しやすい点となりますが、それ以外にもどの程度暖めるパワーが強いのかということや、使用するにあたって必要となる電気代の違いも考えてから選ばなくてはなりません。
どの程度の広さの場所を暖めたいのかを考え、適したシーズヒーターを選ぶようにしましょう。
多段階調節をすることができる製品もあれば、タイマーが付いていたり首振りの機能が付いていたりと、使い勝手の良し悪しによる違いは大きいです。
しかし、どの製品にも当てはまることは、使用することでかなり高温になるので、小さな子供がいる家庭やペットを飼っている人は、置き場所には十分注意しなくてはならないという点があるということは、頭に置いておき安全に使用できる場所を選ぶようにしましょう。

カテゴリー

ページトップへ