わかりやすい!シーズヒーター比較サイト6選

トップ > シーズヒーターについて > 大事に使えば10年以上使用できる頑丈なシーズヒーター

大事に使えば10年以上使用できる頑丈なシーズヒーター

シーズヒーターとは、遠赤外線を放出していくタイプの電気ヒーターとなっています。
そして、ヒーターの部分には、電気を通すことによって熱を発している発熱線が丈夫な金属製の鞘によって覆われていることが特徴となっています。
しかも、この鞘に入っているような形状より、シーズヒーターと呼ばれています。
また、遠赤外線をたくさん放出することが特徴となっており、同じ電気ヒーターによってハロゲンランプを使用しているハロゲンヒーターの2倍とされています。
つまり、大量の遠赤外線によって、じんわりとポカポカに身体を温めてくれるようなヒーターとなっています。
なお、発熱線を入れている金属の鞘には、メーカーによってコーティングされているものが異なっているため、メーカーそれぞれが独自による製品名になっていることも特徴となっています。
そのために構造については同じシーズヒーターであっても、家電量販店においてはメーカーによって、それぞれの製品名にて表記されています。


また、シーズヒーターの、ヒーター部分における構造はシンプルであり、特徴的なことは、ステンレスなどを使用している金属のパイプ状による鞘となっています。
しかも、鞘の表面には、熱伝導を高めていく処理が施されており、この鞘によって、効率的に熱を放出していくことができます。
しかも、鞘のなかには、抵抗値が大きいコイル状によるニクロム線が入っており、さらに効率的に熱を発生していくことで、たくさんの遠赤外線を放出していくことができます。
つまり、このニクロム線を金属の鞘より絶縁していくために、酸化マグネシウムの粉末が充填されて、鞘の両端に関しては、ヒーターの電極となっているターミナルピンがあります。
そして、このタイプのヒーターには、電気によるエネルギーがそのまま熱エネルギーになっていくため熱効率に関しては良いことも特徴となっています。


また、発熱線が金属のシーズによって覆われているシーズヒーターには、かなり丈夫かつ水に対しても強く、転倒などによって破損することは、あまりありません。
しかも、発熱線が直接空気に接しないため、ヒーターの寿命については長いことも特徴となっています。
そして、温度設定については数段階できる製品もあって、首振りによる機能や転倒防止機能やチャイルドロック、部屋の温度をセンサーによって感知した上で室温に合わせて温めたり、節電機能がついている高機能なヒーターもあります。
しかも、一般的にシンプルな電気ヒーターより、ハイスペックなものがみられる場合も特徴となります。
そのために一般的な遠赤外線タイプによるヒーターのなかにおいては、比較的高めである価格となってしまいますが、丈夫かつ耐久製に優れており、一般家庭において使用するのである場合には10年以上は使うことができるとされています。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ